車関係

東京オートサロン2020は1月11日(土)に行くよ☆見逃せないのはオーバードライブ劇中車両スピカレーシング ヤリスSCRS♡

 

 

 

さぁ!

東京オートサロン2020まで

あと3日

 

 

もーね

ワクワクでしかない♡

 

今年は1月11日(土)に行くよー

 

出発はこの日の朝なんで

兵庫県から始発に乗って、9時30分頃には会場に入れる予定

 

 

ということで

今日はご挨拶に行く予定の各ブースの位置をチェックチェックしたり

 

 

昨年見れなかった屋外エリアのスケジュールの気になるものもチェックチェック

 

 

気になるもの↓

 

11:15〜12:05 / 15:00〜15:30
ドリフトデモラン

 

13:00~14:00
トヨタ・ヤリスWRC勝田貴元走行

 

 

 

そしてこの屋外エリアには

映画オーバードライブ

スピカレーシングのヤリスSCRS

展示されるんやって!

 

 

これまじで楽しみやわ

 

 

映画オーバードライブ、見た?

出典:http://overdrive-movie.jp/sp/index.html

 

 

ちなみにこれ予告編↓

 

 

 

この劇中に登場したマシンヤリスSCRSやねんけど、

実際にラリーで使用されてた本物のラリーカーベースの車両なんよね

 

 

 

詳しく調べてみると

 

南アフリカ・ラリー選手権 SA Rally
で2015~2016年で実際に使用されていた本物のラリーカー《ヤリス S2000》をベースに製作されたもの

 

 

この聞きなれない《ヤリスS2000》とは

FIA(国際自動車連盟)が定めた「スーパー2000」という競技車両規定に合わせてTOYOTA GAZOO Racing SA(南アフリカ)が独自開発した車両で、

「12ヶ月間で2500台以上生産された4シート以上の車両であること」

「競技用エンジンは2000cc以下の自然吸気エンジン」

「車体価格は2000万円前後」

という、大きく3つの車両規定に則って製作されているそうで、日本のヴィッツの通常ラインナップにはない3ドア

 

 

 

話は戻って

劇中で使用されたマシンはSA Rally
で実際に使用されたマシンをベースに、物語内の選手権 SCRS専用にモデファイされていて、2000ccのNAエンジンではなく、1600ccのターボエンジンに変更がされてる

 

という感じ

 

 

 

そしてこのヤリスSCRS

映画が終わった後の2018年6月8-10日

 

リアル『OVER DRIVE』として
この時限りで結成された
リアルスピカレーシングファクトリーチームの手によって

群馬県吾妻村パルコールつま恋を起点に開催された、FIAインターナショナルラリー2018日本スーパーラリーシリーズ 第2戦 モントレー2018に出場

 

なんと!

 

優勝!

 

出典:https://clicccar.com/2018/06/13/599031/img_0417/

 

 

ちなみにこのリアルスピカレーシングファクトリーチームは
CUSCO RACINGメンテナンスのもと、ドライバー炭山裕矢さん保井隆宏さんがマシンを操り、映画のメカニック監修担当の三枝豊和さんもメカニックとして参加したという豪華なメンバーだったそう

 

 

ストーリーをギュッとまとめると

ラリーの世界から映画の世界に飛び込んで、今度は映画の世界からラリーの世界に飛び出したヤリスSCRSは2日間のレース中、圧倒的なスピードで1度も首位の座を譲ることなく走破、そして優勝!

 

ってこれ

 

ドキュメンタリー映画にでもした方がいいんじゃないか!?なんて思ったり

 

なんせ次元を越えて凄過ぎるわ

 

 

というこんな

激アツなストーリーを歩んだマシン!

 

映画オーバードライブ

スピカレーシング ヤリスSCRS

 

 

東京オートサロンに行くなら

絶対見るべきだっ(ノ^∇^)ノ

 



ドリフト大好き、旅行大好き、食べるの大好き♡  70スープラ歴は17年(´▽`*) 走行距離は27万km超え!   ドリフトしてます♪  兵庫県セントラルサーキットで《さとみんDrift走行会》を主催してます(^-^)/  アメブロから引っ越してきました↓ https://ameblo.jp/satomi-incident/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)