何気ない日常

遅れて作った恵方巻(笑)具材は7種で福を招くの巻

 

日曜スノボやったから、遅れて作った恵方巻

 

そもそも恵方巻ってどんなもんなん?ってルーツを調べてみた

 

コトバンクより↓

節分にその年の恵方(吉方)を向いて食べると縁起が良いとされる太巻き寿司。丸かぶり寿司、恵方寿司とも呼ばれる。

「縁を断ち切らない」ように切り分けず、無言で願いごとをしながら1本を丸かじりするのが習わし。
七福神にちなみ7種類の具材を巻き込むことが望ましいとされる。

正確な起源は不明で、江戸時代末期に大坂の船場で商売繁盛の祈願として始まった風習を発祥とする説など諸説ある。

明治期や戦後に一時廃れたが、1977年に大阪海苔問屋協同組合が行った海苔の販売促進イベントで復活した。

90年頃よりスーパーやコンビニで販売されるようになり、宣伝活動も活発になったことから、節分に恵方巻きを食べる風習が全国に拡大した。

 

ウィキペディアより↓

恵方巻、恵方巻きとは、節分に恵方を向いて無言で食すると縁起が良いとされる巻寿司のこと。

「恵方巻」という名称は1989年にセブン-イレブン広島県広島市中区舟入店の野田靜眞が「大阪には節分に太巻き寿司を食べる風習がある」と聴いて仕掛けたことにより、1998年から全国へ広がり、2000年代以降に急速に広まった。

 

へー、そーなんやー、勉強になったわー

って、今年の節分終わったから、このネタすぐは使えへんけど(笑)

 

来年な、もしも覚えてたら活用してみて(笑)

ドリフト大好き♡旅行大好き♡食べるの大好き♡  兵庫県セントラルサーキットで 《さとみんDrift走行会》を主催しています(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)